戦国IXA合戦のコツ

初心者向けです


初心者が合戦上手になるには、真似から入ろう

私は文章が長くなりがちなので、結論から書きます。私が思う、初心者が合戦上手、ランカーになるコツは「合戦上手な人の合戦報告書を見て、実践を繰り返す」です。私が思う合戦上手な人とは、武将カードの強弱によらず(序と上武将だけでも上手い)、時間を効率的に使い(時間当たりの獲得戦功が多い)、ランカー(戦功TOP3やTOP10)と呼ばれるような成績を獲得するプレイヤーです。

ただ、本当に合戦上手な人とは自国を勝利に導くため、表に見えない数字。つまり他人がやりたくない相手ランカーの足止めや陣破壊、敵味方の情勢を調べて同盟員に伝えるなど地味な作業をこなしている人かもしれません。史実でも、織田信長が今川義元を破った桶狭間での戦功第一は、義元の首級を挙げた毛利新助ではなく、義元の居場所を伝えた梁田政綱でしたしね。でもあくまでゲームなので、自分が敵を蹴散らして活躍できるプレイヤーをここでは合戦上手とします。

簡単にいえば、うまいと思う人を真似て、自分で試してみるということです。真似るプレイヤーは自分と同じような武将の質(自分は序と上中心なのに、天極ばかりの人を真似てもあまり意味がありません)の人がいいと思います。また強い国の強い同盟に入っている人はそれだけで合流や加勢がしやすく合戦中有利ですから、本当にその人がうまいのか、たんに強い国や同盟にいるからすごそうなのか分かりません。そのため、できるなら弱い国や同盟で活躍をしている人の方が、本当に合戦上手な可能性は高いかも。なぜなら、弱小国をあえて選び活躍するソロランカーなどは、一人でも膨大な戦功を獲得して、1合戦で同盟報酬3万や5万銅銭を稼ぐ自信がある人だからです。

私より合戦が上手な人は無数にいますが、私が初めて合戦に参加した時よりも今の方が上手!と思った過程をお伝えします。まず、@合戦になれました。次に、A合戦上手な人から簡単にコツを教えてもらいました。そして自分で合戦報告書を分析するようになりました。この段階で短時間でも毎回戦功TOP10には入れるようになったので、もしかして上手と勘違いしました。しかし、Bもっと上手い人に戦闘で負けました。私の知らない手法で負けたので、それを分析して利用するようになりました。という感じです。つまり結局、「うまいと思う人を真似て、自分で試して自分のものにした」ということです。

最後に、合戦でランカーになるのは、はっきり言って難しくありません。しかし、リセットまで高い順位で居続けるのは難しいです。それは、時間やモチベーションの管理が必要だからです。合戦上手になるコツの最後は、合戦に頻繁に参加できるように生活と心をコントロールすることだけです。まあ、ゲームですから、ランカーなど目指さず、適当にやるのがいいと思いますけどね!

合戦の小技やコツを3つ紹介

@デッキにセットした武将は、デッキからはずさずに兵士を増減できる
デッキにある「兵編成」ボタンを押せば、デッキ内の武将の兵の増減ができます。当たり前ですが、私最初知らずに、わざわざ武将をデッキから外して兵の増減をしていました^^なお、兵の削除もこの兵編成から行います

A自分の陣や所領に加勢した武将は、加勢先から攻撃できる
陣Aから攻撃に出しHPが100>50に減ったとします。この部隊をデッキからはずすとHPは45となり、HPが100に回復するまで他の陣や所領にセットできませんよね。つまり攻撃にも防御にも利用できない。しかし、HP50の部隊を、陣Aから陣Bに加勢で移動させれば、HP100まで回復するのを待つことなく、陣Bから攻撃ができます。陣が遠い場合は利用しにくいですが、近い場合は結構有効な小技です。

B陣の破棄を利用して、無料で即帰還ができる
陣張りに片道3時間かかる場合、往復6時間も必要になります。課金を利用すれば、即帰還80円で帰りは0秒にできますが、コツを使えば無料で即帰還ができます。まず陣張り元の所領や陣の隣に新しい陣Cを張ります。>陣Cに陣張り部隊をセットします。>陣張りに出発します。>たとえば出発した1分後に陣Cを破棄します(3時間後に陣がなくなる)。>3時間後に陣張りが完了します。>陣Cは3時間1分後に削除されます。>出発元の陣Cが破棄された場合、陣張りに出た部隊は本領に戻ります。つまり、本来6時間必要な陣張りが、3時間1分でできるというわけです。