剣豪ランクアップ

余裕があるなら有効です


剣豪のランクアップは余裕のある人向き

戦国IXAは6カ月を過ぎると、一度各ワールドはリセットされます。そして隣のワールドと統合されます。統合されたワールドで、剣豪に兵1を乗せて、
・城主レベルLv4で得られる2つ目の所領を★7の1211を取りたい
・スタートダッシュするために合戦中に領地を増やし資源UP(領地オンライン)をしたい

との理由から、一期目に剣豪をランクアップして育てるとの一般認識があります。本当でしょうか?これが正しいのか検証したいと思います。このサイトはあくまで微課金の立場ですので、剣豪は「富田重政・塚原卜伝・丸目長恵・草薙かさね(彼女だけ特武将)」の4人で数値計算をしています。

まず、★7の1211を領地にするには、弓で約「65000」の攻撃力が必要です。上記4人をランク2のレベル20にして弓足軽1を乗せた総攻撃力は「42980」です。つまり、天極の剣豪(ラッキーマンは除く)やランク3にする(ランク2・L20は経験値が408,474必要)のは微課金にはあまり現実的ではないため、一期目に剣豪をランクアップさせても、二期目の最初に★7の1211を取るのは難しいです

次に、合戦中にたくさん領地をとって資源生産を上げることを考察します。資源生産が大きく上がるのは資源パネルに依存しており、 資源パネルが14ある★6の2228(総攻撃力2万必要)や、同じく10ある★5の3223(総攻撃力8500必要)が多いです。生産量UPは資源パネル1につき10もらえます。なお領地獲得した際だけに得られる獲得資源は、「パネル数*3*空地までの距離*ランダムな変数(1〜10倍)」です。

上記4人のランク0・レベル20・の弓足軽の攻撃力は「15395」、ランク1・レベル20・の弓足軽の攻撃力は「27655」。また上記4人のランク0・レベル20・の足軽の攻撃力は「16058」、ランク1・レベル20・の足軽の攻撃力は「28854」。つまり、領地オンラインは可能ですが、1回につきHPが50近く以上減るため、1時間でHPが回復するとしても、初日に張り付いて4〜5個の領地程度。また領地攻撃があれば防衛をする必要もありますし、そもそも施しをしなければ最大で20程度しか領地を取ることはできません。つまり、領地オンラインは可能ですが、剣豪の数をそろえ施しをしなければ、あまり有効でありません

次に防御について考えてみます。ワールド開始後の1,2戦は兵に余裕はありません。そのため、防衛の際にランクアップさせた剣豪で守ることは有効です。どれほど有効なのでしょうか?上記4人のランク0・レベル20の剣豪の総防御力は約「15000」。ランクを1にした場合は約「25000」です。15000といえば兵(兵1の平均攻撃力を11として)1300人、25000といえば2200人に当たります。この数値はかなり有効だと思いますが、あくまで序盤の1,2戦あたりで、それ以降は生産力UPによる敵兵の増加により有効ではありません。つまり、一期目で防御の剣豪武将を育てるのは有効ですが、その有効性は極めて短いということです。

結局、微課金プレイヤーにとっては、二期目にスタートダッシュをするために一期目に剣豪を鍛えるのは多少有利にはなりますが、それほど合理的に素晴らしい武将育成方法とは言えない結論です。まあ、剣豪1枚ぐらいずつはランクアップをするのは、効率的な考えを除いても、楽しいとは思いますが。