戦国IXA(上)島津貴久

ステ振りの考察


(上)島津貴久のステ振りと育成方針

「武将考察とステ振り」の一覧に戻る

初期スキルC指揮数攻撃防御兵法攻撃防御兵法
防:鉄砲隊布陣32390BCCB58559039014142
【基本方針】
上武将3強の1人で、序盤は槍部隊中心に馬・弓部隊を乗せても攻撃の主力となれる。ただ中盤以降に武士の活用が増えてくると、(上)三好長慶に攻撃力で抜かれ、(特)立花道雪には見劣りする能力のため、攻撃では2軍に回ることになるだろう。しかし、兵器適性の高さから、鉄砲足軽の準主役としての活躍の場が残る。鉄砲足軽としては上武将では最も防御力が高く、一般的な特武将と比べてもそん色ない。そのため、前半は攻撃振り、中盤以降は防御振りが基本。ずっと使うなら、最初から兵法振りもありか。
【私の利用方針】
序盤から中盤初期まで普通に攻撃要因として利用していた。その後、鉄砲足軽に見合ったスキルを付けようとするものの、きれいにスキルがつかず、挫折気味。攻撃振りのまま攻撃の2軍としてデッキを温めています^^