戦国IXAの武将カードの紹介です

序と上のメイン武将カード一覧


序盤の主力「序と上」武将だけで部隊編成を考える

ここでは戦国IXAの無課金・微課金プレイヤーが序盤で多用するであろう序と上の武将の中で、おすすめのカードを紹介しています。結論からいえば、上武将の中で最も優秀な武将カードは「4001の武田晴信・4017の三好長慶・4009の島津貴久」の3人です。次に、「4013の織田信長・4029:大内義隆・4008の南部晴政」が続きます。また序武将ですが、5049の可児才蔵は合成素材として非常に優れています。

以下の表は、序と上武将をランク0のレベル20にしてステータスを攻撃にすべて振った場合の長槍足軽・精鋭騎馬・長弓兵の攻撃力ベスト5です。兵法は同じようにランク0のレベル20にしてステータスを兵法にすべて振った場合です。見ての通り、上の3強「4001の武田晴信・4017の三好長慶・4009の島津貴久」をおすすめする理由が分かると思います。

【攻撃力ベスト5】と兵法役ベスト5

-長槍足軽精鋭騎馬長弓兵兵法
1位4009:島津貴久4001:武田晴信4017:三好長慶4058:羽柴秀吉
2位4017:三好長慶4008:南部晴政4013:織田信長4017:三好長慶
3位4001:武田晴信4009:島津貴久4009:島津貴久4045:安国寺恵瓊
4位4013:織田信長4017:三好長慶4001:武田晴信4001:武田晴信
5位4029:大内義隆4018:柴田勝家4029:大内義隆4020:宇佐美定満

攻撃力は、「{(最大指揮兵数*兵種攻撃力+武将の攻撃力)*兵種適正}*スキル期待率」で計算しています。この結果、上武将による攻撃デッキは、「武田晴信、三好長慶、島津貴久の3強」に、「南部晴政か織田信長、大内義隆」を加えるものが最強と言えます。兵法振りは、三好長慶か武田晴信の選択となるでしょうか。大内義隆に「三矢の教え」がつけば、3強に大内さんを兵法役としてつけるのもあり。攻撃力を重視して騎馬隊を2武将入れるか、破壊力を重視して槍隊を2武将いれるか。理想的な一軍メンバーは以下のようになります。

馬2の攻撃力重視型槍/攻振り:島津貴久馬/攻振り:武田晴信馬/攻振り:南部晴政弓/兵法振り:三好長慶
槍2の破壊力重視型槍/攻振り:島津貴久馬/攻振り:武田晴信弓/攻振り:織田信長槍/兵法振り:三好長慶

【守備力ベスト5】と兵法役ベスト5

次に防御力。基本的に防御も上記とほぼ同じ順番のため、あえて上の6強を除いた武将でトップ5を紹介します。なぜなら、攻撃に出陣している際には同じ武将で防御につかないからです。○がついている武将は、防御スキルを持った武将でおすすめです。

-長槍足軽精鋭騎馬長弓兵
1位4011:朝倉義景○4014:村上義清○4003:毛利隆元○
2位4014:村上義清○4018:柴田勝家4016:蘆名盛氏
3位4018:柴田勝家4027:南部信直○4007:今川義元
4位4027:南部信直○4011:朝倉義景○4044:宇喜多秀家
5位4033:毛利隆元○4039:長尾政景○4043:香宗我部親泰

見ての通り、精鋭騎馬は武将がそろっており「4014の村上義清、4027の南部信直、4039の長尾政景」など、長弓兵は「4003の毛利隆元、4016の蘆名盛氏、4007の今川義元」など。しかし長槍足軽は「4011の朝倉義景」ぐらいしかスキル適正がなく、上の防御武将は槍隊が不足気味です。防御部隊の一軍を考えれば、「4011の朝倉義景・4014の村上義清・4003の毛利隆元」に誰か1人を入れる形でしょう。

防御の一軍槍/防振り:朝倉義景○馬/防振り:村上義清○弓/防振り:毛利隆元○その他一人

【中盤以降の戦力追加】鉄砲足軽と攻城櫓も研究を終え訓練開始

序盤は、基本3兵種(槍・馬・弓)の上級職による合戦が基本です。中盤以降、生産力が付いてくると、これらに加え鉄砲足軽と攻城櫓の利用も加わります(このあたりで、クエスト「鉄砲足軽」をクリアーしよう)。鉄砲足軽は訓練コストが高いので量産はさらなる生産力UPが必要です。攻城櫓は速度が遅いのがデメリットですが、槍並みの攻撃力と破城鎚並みの破壊力があり、攻撃の一端を担えます

兵種攻撃力守備力速度破壊力綿合計人/h:Lv10Lv5
長槍足軽16161621420784915050
長弓兵15171812014874915050
精鋭騎馬17152317814204915050
攻城櫓145107221611146310035
破城鎚3881016812104610035
鉄砲足軽18261517267902024910035

さて、ここで攻撃陣に「攻城櫓」武将を加えよう。そして、守りに「鉄砲足軽」武将を加えよう。鉄砲足軽をなぜ守りで利用するかは上記の表で一目瞭然だ。守備力がずば抜けて優れているから。生産に余裕があれば、攻撃陣にも加えよう。

今までと同じように、「上」武将までで考えれば、もっとも攻城櫓の攻撃力が強いのは、4013:織田信長。2位は4009:島津貴久、3位に4044:宇喜多秀家が新たに登場する。ただし宇喜多さんはスキルが貴重な「鉄砲隊守護」であるため、鉄砲足軽の守備で使う方が有効。次点で「丹羽長秀、香宗我部親泰、明智光秀」が続く。その中でスキルと攻撃成長などを考慮して、明智光秀が2軍の攻城櫓か。

また中盤に差し掛かると、生産力の向上から防衛も3〜4部隊で守ることも多くなると思います。その際はたんに強い武将を選ぶだけでなく、コストも考えて序武将なども利用してきましょう。よって今までから、以下のような組み合わせが攻撃デッキとして最適な解の1つだろう。

槍1+馬1+弓1+櫓1のバランス型

1軍槍/攻振り:島津貴久馬/兵法振り:武田晴信弓/攻振り:三好長慶櫓/攻振り:織田信長
2軍槍/兵法振り:大内義隆馬/攻振り:南部晴政弓/攻振り:蘆名盛氏櫓/攻振り:明智光秀

槍+馬+弓+鉄砲足軽の守備(合計コスト=35)

鉄砲足軽宇喜多秀家○:兵振り丹羽長秀×佐々成政×種子島時尭×コスト8.5
上杉憲政○:兵振り浅井久政○山中鹿介×鳥居元忠○コスト8
長尾政景○:兵振り村上義清○南部信直○北条綱成×コスト9.5
大内義隆○:兵振り北条氏政○毛利隆元○結城政勝○コスト9

【破壊力】空陣や空城を落とす

相手陣や城が空の場合は、破城鎚で攻撃するのが安い。ただし、横につけていないと時間が必要。簡単にいえば、破城鎚は足軽の2倍時間が必要だけど、コストは5分の1以下。攻城櫓は速度を60%UPさせないと足軽に追いつかない、ただコストは約3分の1。破城鎚や攻城櫓のメリットは本丸のLv10などでなければ、敵が拠点をレベルアップしていても1度で攻め落とせること。つまり中盤以降、使い道がある。

施設耐久力攻城櫓
(破壊力7、必要資源63)
破城鎚
(破壊力10、必要資源46)
長槍足軽
(破壊力2、必要資源49)
5007350250
陣LvUP30004293001500
出城Lv130004293001500
出城Lv260008576003000
出城Lv315000214315007500
出城Lv4300004286300015000
出城Lv5600008571600030000
村落Lv350007155002500
村落Lv5900012869004500
砦Lv515000214315007500
本丸Lv510000142910005000
本丸Lv10600008571600030000
*出城は1時間に5000回復する。つまりLv2の出城は1時間たつとほぼ回復。
*陣は1時間に約1100回復する。

【理想的な100枚】秘境用に60枚、攻防で30枚、他10枚

秘境用にコスト1.5〜2.0で20枚を3セット、これで60枚。ランクアップ元として兵種B持ちの武将がなお良し。攻撃と防御は上で上げた武将。4人*3〜4セットで15人程度か。攻守で30人。残りの10枠はくじ引くたまの空きとか、合成用の枠など。

序のコスト2.5で残す価値があるのは、馬Bの飯富虎昌だけ。原虎胤は序のコスト2で唯一B適正(槍B)を持ち残す価値が高い1枚だ。2010年10月末時点で、序は40枚。うち10枚がコスト2.5(25%)。27枚がコスト2、3枚が1.5だ。カードの入れ替えはあるだろうが、概ねこの程度の割合か。

一方、白くじからでる「上」は36枚。そのうち19枚がコスト2.5以上だ。使えないカードはない。兵器Bの4023「丹羽長秀」は速度関係の合成元として利用できる。序盤であれば、攻撃の主力5〜6人以外で「上」カードがかぶった場合、売ってしまってもいいだろう。

つまり、何が言いたいかというと、序盤は白くじを引く価値があるのだ。外れは「序」のコスト2.5(飯富虎昌のぞく)だけ。仮に「序が出る確率が75%」とすると、外れを引く確率は約16%。逆にいえば、84%は序盤に価値のあるカードを引ける。もちろん、狙いは「特」武将だ